上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福度調査

世界各国の多くの国民の幸せだと感じる幸福度が、10年前に比べ上昇したことがわかった。また、健康状態についての満足度も10年前より上がっていたことが、今回の調査で明らかになった。

これは、「世界価値観調査(World Values Survey)」という名で、05~07年にかけて、韓国や米国、中国、日本、ドイツなど39カ国で、同一のアンケート調査項目で調査した結果によるものだ。韓国人についての世論調査は、東亜(トンア)日報付設ファジョン平和財団や21世紀平和研究所が、韓国社会科学データセンター(所長=李南永世宗大学行政大学院長)に依頼して行われた。


同調査は1980年から約5年ごとに実施される。


今回の調査で、「現在、どの程度幸せだと思っているか」という質問に、37カ国・4万7000人あまりの回答者のうち28.0%が、「非常に幸せだ」、55.1%が「幸せなほうだ」と答えた。「幸せでないほうだ」と「まったく不幸だ」という回答の比率はそれぞれ14.0%、2.9%だった。


それぞれの回答順に100点、66点、33点、0点の加重値を与えて点数に換算した平均幸福指数は69点だった。これは、1995~1998年の調査で、24カ国の国民4万7000人余りに、同様の質問を行って算出した幸福指数の65.47点から3.53ポイント上がったものだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bananaworman45.blog112.fc2.com/tb.php/42-a090bbbf


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。